全国 24場 競艇場のホームページです。 




競艇の特色の一つは「男女が同じ条件で戦う」ことである。

競艇の産みの親の一人である笹川良一は、太平洋戦争後「これからは男女が同じ立場になる時代が来る」と痛感。当初から女子にも選手への道を開くことを構想し、実践した。第1回全日本選手権には早くも4人の女子選手が出場し、1950年代には周年記念で3人が優勝している。

1960年代には女子の選手数が激減し一時は4人にまで落ち込んだが、1980年(昭和55年)にデビューした田中弓子の活躍を機に再び増加に転じ、現在は約1500人いる選手の1割を占める。

女子選手限定のレースも行われている(GI女子王座決定戦、GIII女子リーグ、オール女子。男女混合戦でもシリーズ中に女子選手のみのレースが組まれることがある)が、多くは男女混合のレースであり、体重制限が3kg軽い(男子は50kg以上、女子は47kg以上)以外はすべて同じ条件で争う。この体重差がレース展開に大きな影響を及ぼすこともあり、1周1マークでは前を許したものの、バックストレッチで驚異的な伸びを見せて追いつき、2マークで逆転するなどといったケースも多く見られる。

男女混合のレースで女子選手が勝つことは日常茶飯事で、一般戦では女子選手がシリーズ優勝することもそれほど珍しくなく、中堅以下の男子選手がトップクラスの女子選手に勝つことは容易ではない。




柳瀬興志  魚谷香織  植木通彦  澤大介 


山崎智也  横西奏恵  能見稔



マクールは蛭子さんのヘタ漫画が大変面白い競艇雑誌です。
結果でてからのこうしていたら儲かるみたいなところが大変良いです。